アタマジラミ症

アタマジラミ症が子供に多いのはなぜ?

アタマジラミ症と言えば、子供に多いイメージが湧きます。実際、アタマジラミの集団感染は、幼稚園や小学校といった子供の集まる場所でよく発生するそうですから。しかし、実際のところ、アタマジラミ症は老若男女誰でもなり得るそうです。

 

では、なぜ子供にアタマジラミ症が多いのかと言うと…至近距離でのスキンシップをすることが、大人よりも圧倒的に子供の方が多いからだそうです。確かに、アタマジラミは自分で跳ねて移動できますから、そうした近いスキンシップに乗じて他人にも感染できるということですね。

 

実際、子供がアタマジラミ症を患ったら、学校や幼稚園等で先にアタマジラミ症になっていた子供からアタマジラミをもらってしまった可能性が高いそうです。とは言っても、アタマジラミに衛生状態は関係無いため、いくら清潔にしていても感染は中々予防できません。

 

そのため、親御さんが子供にアタマジラミ症の症状が出ていないか気を付けるしか無いみたいです。そして、もしそうした症状があれば、すぐシラミ駆除のためのスミスリンシャンプーを使って治療すると同時並行して、他家族に拡大感染しないよう服やシーツ、タオル等を熱湯消毒する必要もあるそうです。アタマジラミは日本に昔からいるごくありふれた寄生虫ですが、意外と厄介なんですね。

 

アタマジラミ0223

 

アタマジラミ症用のシャンプーは子供でも大丈夫?

アタマジラミ症にかかると、常に頭皮がたくさんの蚊に刺されているようなものだそうです。具体的には、アタマジラミも蚊と同じく、頭皮から吸血する際に痛みを感じさせないよう麻酔成分を抽入するため、人体が痒みという形でアレルギー反応を起こしてしまうんです。

 

そのため、子供だと痒みを我慢するのも限界があるため、ひどいと頭皮から流血しているのに我慢できず掻き毟って、傷口が化膿することもあるみたいです。アタマジラミ症は日本だと昔からごくありふれた病気ですが、こんなに重症化するものだとは思いませんでした。

 

しかし、今ではアタマジラミ症用のシャンプーが薬局に販売されています。その名も、スミスリンシャンプー。これで2日おきに洗うというのを3~4回繰り返せば、アタマジラミを卵も残らず綺麗に取り除けるそうです。

 

また、スミスリンは農薬にも用いられる殺虫成分のため子供に害は無いのかちょっと不安になりますが…スミスリンが人体に害が無いことは証明済みのため、老若男女問わず誰でも使えるとのことでした。ちなみに、皮膚科に行ってもこのスミスリンシャンプーが処方されるため、掻き傷が化膿しているでもない限りは薬局でスミスリンシャンプーを買って対処するので十分だそうです。

 

アタマジラミ0224

 

アタマジラミ症は再発しやすい!?

アタマジラミ症の再発に悩まされている人は、意外と多いそうです。具体的には、念入りに洗髪して痒みが治まったと思ったら、数日の内にぶり返してしまうとかで。これには、アタマジラミの卵が髪の毛に残っていることが原因として挙げられるみたいです。

 

アタマジラミの成虫は、頭皮から吸血することで痒みを生じさせるだけでなく、同時進行で髪の毛に卵も産み付けますからね。しかも、卵は髪の毛に強くへばり付いているため、普通のシャンプーで念入りに洗う程度ではまず落ちないそうです。アタマジラミの成虫の方は、窒息死するため洗い流せますが。

 

そのため、アタマジラミ症を完治させるには卵まで綺麗に除去する必要があります。そこで使えるのが、スミスリンシャンプーという薬用シャンプーです。なんでも、スミスリンという殺虫成分が、アタマジラミの成虫だけでなく卵にも効いてくれるため1匹残らずいなくなるそうです。

 

ただ、アタマジラミの卵は先述の通りかなり厄介なため、2日おきに洗うのを3~4回繰り返すという特殊なサイクルで使う必要がありますが。アタマジラミ症は、日本だと昔からごくありふれた病気で命を脅かすこともありませんから、完治までこんなに日数を要すとは思いませんでした。

 

アタマジラミ0224